サッカーゲーム

昨日はいつものように練習でした。

お盆というのにコーチは休みなしで練習されているみたいでした

(他の学年の子らはお盆関係なく練習だったみたいです)

昨日は主に一対一の練習をしていました。

そこで見えたあちこの課題。

それは、「ディフェンス」です。

攻めるのは好きなので一生懸命するのですが、

ディフェンスは嫌いなのかあまり追いかけたりしません。

私も小学生の頃バスケをしていたので覚えていますが、

とにかくディフェンスの嫌いな子でした。

そのため遺伝だなぁと思ってみていました(苦笑)

もう一つの課題は「フェイント」です。

攻めるときも守るときもとにかくフェイントに引っかかる(笑)

コーチと一対一でしたが、とにかくひっかかりまくりで右へ左へ振り回されてました。

単純なのか素直なのか引っかかりすぎでした。

今まで変な癖がつくと嫌だったので何も言わなかったのですが、

少しテコ入れしてあげないとダメかなと思いました。

そして、わずかですが期待を持てることも。

最後ゲーム形式をやった際に同点になりタイムアップ

コーチがPKで勝敗を決めるとなり即席PK戦へ。

このチームは1年生から3年生までいますが、

いざPK戦となるとメンタルがモロにでて面白かったです。

2年生の子の一人は泣きそうな顔して蹴りたくないと言った子もいたくらいでした。

その点あちこは何も考えていないのか、強心臓なのかびびる様子もなく

淡々とし、いつもより良いシュートを決めてくれてました。

帰りに聞くと「少し緊張したけど、全然大丈夫だった」とその後色々と解説してくれる等冗舌でした。

今後の成長にメンタルは大事なので、ここは伸ばして上げれればと思っています。

メンタルの強さは母親になのか、私に似なくてよかったと安心しています(笑)

iPhoneはなくてはならない存在

私はiPhoneを使っていますが、スマートフォンがでてきた時はフリック入力や、触れるだけで何でも出来ると誤操作が心配、何より流行にのるミーハーのようなイメージで当初はあまりいい印象はありませんでした。
ですが、いざiphoneにしてみるとできることの広さにただただ感激して、今では肌身離さず持っているようになりました。

アプリがどんどん増えるにつれ、ガラケーでは出来ないことがスマホやiPhoneでは簡単にできるようになってしまい、今ではわざわざ入力しなくても音声で操作できるようになって感動しています。

一度iPhoneを水たまりの中に落としてしまったことがありましたが、水が浸入したであろうというところからドライヤーで風を送ったり、排水できそうな箇所を下にして上から叩いたりと試行錯誤をしている内に何の故障もない正常な状態に戻り、非防水でもある程度手を尽くせば元通りになるんだなあと商品の丈夫さを知りました。
落としたりして画面がかなり割れている人なども目にしますが、そうなっても使用に問題がないというのは今までのガラケーでは中々なかったように思います。

最近ではスマホを見ながら道を歩いていたり、車を運転したりしている人が多く、メディアなどではスマホが悪いような報道になっていますが、実際は使用者のモラルやマナーの問題で、使っているのがスマホであろうとガラケーであろうとそういったことをする人は何かに夢中になって他の人に迷惑をかけることを絶対にするものだと思っています。
アプリの普及でソーシャルゲームが沢山配信されて今では未成年の多額の課金なども話題になったりしていますが、それでもiPhone・スマホの所持を皆がしているのは凄いなと実感しています。
メテオゲームもiPhoneに対応してくれたら神ゲーなんですが、、、

iPhoneのSiriができるようになった時に声でスマホを操作できるようになるんだ、と思っていたら、今ではスマホが家電とリンクして電源のオンオフや、テレビの録画までしてくれて、リモコンなしで離れたところから家電を操作可能にしたというのも技術開発している人たちの進歩なんだなと思いました。

新しいもの好きの50を過ぎた私の母も最新のiPhone6を購入して、使いこなせている様子はありませんが色々な機能を弄って覚えようと奮闘しています。
今では子どもや高齢者向けのスマホもでていて、昔の携帯電話を持っている人はお金持ち!という時代から今のガラケーからスマホに代わり、近い将来スマホが車や様々な家電とリンクして私たちの生活を助けてくれる、という日もくるのではないでしょうか。

そういう日常使いのものになるのであれば、ますます格安スマホのように毎月2000円くらいで利用できるようにしてほしいものです。
格安スマホって凄いですもんね。最近では電話番号まで付いて1600円くらいで運用できるそうです。格安スマホを比較しているサイトで学びました。
これからもスマホ、iPhonehは生活必需品として浸透していくんでしょうね。

がっこうぐらし

ネットで話題になってたので2話から見たが、
そもそもニトロプラス原作ってとこで気づけよ。
虚淵とか、確かエロゲなのに、
メインヒロイン二人で、片方攻略後、
もう片方のルートを頭から始めようとしたら、
攻略済みヒロインがストーカー化してセーブデータを書き換えられるという、
エロゲになんてことしやがるんだ!
ってゲームメーカーだろ。

冒頭の桜から自然の描写が美しいです。
メインキャラの少女4人で、
でかい学校にしては生徒が少ないような気がするが、
なんてことのない学校生活。
独自のペースの主役?が癒し系で、
セリフのない男キャラは一体なんだろう・・・
これが問題なトラウマになるストーリーなのか?
ほのぼの学園生活がいきなりシリアス?な展開に、
オチで女教師がいい味を出してますねー
・・・どこがトラウマになるんだ?

後半パート
おお、犬かわいいですなー。
懐中電灯とか買い食いとか、ありがちな学園オプション。
だが無意味にホラー感を盛り上げるなー、
なんだ「濡れてて冷たい奴」って?
いやー、ほのぼの学園生活ですなー、
いい感じにバカさかげんというか、普通の学生の知識感が出てます。
いや、そこでホラー感とか先輩としての責任感とか、
終わりよければすべてよしって感じですかねー、
ハートフルな内容じゃないですか。

メテオゲームファンサイト